• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

Search Hub

このFAQはお役にたちましたか?

関連するFAQ

※Mercedes me connect サービスの内容は、モデルや車種の違いにより、お買い上げいただいた車両と異なる場合があります。

※パソコン・モバイル機種/OSバージョン・車種・装備・ご契約状況によっては使用できない場合があります。

  • No : 14173
  • 公開日時 : 2019/12/18 12:44
  • 印刷

タイヤ空気圧警告システムの再始動を促すメッセージが表示されました。どうしたら良いですか?

タイヤ空気圧警告システムの再始動を促すメッセージが表示されました。どうしたら良いですか?
カテゴリー : 

回答

各COMANDシステム別に操作方法が異なります。該当のCOMANDシステムの画像を以下からお選びください。
 
 
 
※いずれのCOMANDシステムにも当てはまらない場合は、取扱説明書で操作方法を確認してください。
 

回答①

以下の場合、マルチファンクションディスプレイにタイヤ空気圧警告システムの再始動を促すメッセージが表示される場合があります。
  • タイヤ空気圧が変化した
  • ホイールやタイヤを交換したまたは新たに装着した
メッセージが表示されたときは、以下の手順に従ってタイヤ空気圧警告システムを再始動する必要があります。
※タイヤ空気圧警告システムを再起動する際は、事前にすべてのタイヤが推奨タイヤ空気圧に正しく設定されていることを確認してください。
  1. ステアリングスイッチのリターンボタンを押して、メニュー画面が表示されたら、「メンテナンス」⇒「タイヤ」を選択してください。
  2. ステアリング左側のタッチコントロールを下方にスワイプすると、「タイヤ空気圧 警告 作動再起動」というメッセージが表示されます。
  3. ステアリング左側のタッチコントロールを押します。「タイヤ空気圧を今補正しますか? 」が表示されたら、「はい」を選択します。
  4. 最後に、ステアリング左側のタッチコントロールをもう一度押します。「タイヤ空気圧 警告システム 再始動しました」というメッセージが表示されます。
再起動が完了した後数分間走行すると、タイヤ空気圧警告システムがすべてのタイヤの空気圧をモニターします。
 
 

回答②

以下の場合、マルチファンクションディスプレイにタイヤ空気圧警告システムの再始動を促すメッセージが表示される場合があります。
  • タイヤ空気圧が変化した
  • ホイールやタイヤを交換したまたは新たに装着した
メッセージが表示されたときは、以下の手順に従ってタイヤ空気圧警告システムを再始動する必要があります。
※タイヤ空気圧警告システムを再起動する際は、事前にすべてのタイヤが推奨タイヤ空気圧に正しく設定されていることを確認してください。
  1. ステアリングスイッチのリターンボタンを押して、メニュー画面が表示されたら、「メンテナンス」⇒「タイヤ」を選択してください。
  2. メッセージ「タイヤ空気圧 警告 作動再起動:タッチコントロールを押す」が表示されます。
  3. 「OK」を押して再起動を開始してください。メッセージ「タイヤ空気圧 正常ですか? 」が表示されたら、「はい」を選択します。
  4. 最後に、ステアリング左側のタッチコントロールをもう一度押します。「タイヤ空気圧 警告システム 再始動しました」というメッセージが表示されます。
再起動が完了した後数分間走行すると、タイヤ空気圧警告システムがすべてのタイヤの空気圧をモニターします。
 
 

回答③

以下の場合、マルチファンクションディスプレイにタイヤ空気圧警告システムの再始動を促すメッセージが表示される場合があります。
  • タイヤ空気圧が変化した
  • ホイールやタイヤを交換したまたは新たに装着した
メッセージが表示されたときは、以下の手順に従ってタイヤ空気圧警告システムを再始動する必要があります。
※タイヤ空気圧警告システムを再起動する際は、事前にすべてのタイヤが推奨タイヤ空気圧に正しく設定されていることを確認してください。
 
  1. エンジンスイッチが「2」 の位置にあることを確認し、ステアリングのホームボタンを押してメニューリストを呼び出します。
  2. ステアリングの左矢印ボタンまたは右矢印ボタンを押して「メンテナンス」を選択し、「OK」を押します。
  3. ステアリングの上矢印ボタンまたは下矢印ボタンを押して「タイヤ空気圧」を選択し、「OK」を押します。
    メッセージ「タイヤ空気圧 警告システム オン」が表示されます。「OK」を押して再始動します。
  4. 再度「OK」を押します。メッセージ「タイヤ空気圧 正常ですか?」 が表示されます。
  5. 「はい」を選択し、「OK」を押して確定します。メッセージ「タイヤ空気圧 警告システム 再始動しました」が表示されます。
再起動が完了した後数分間走行すると、タイヤ空気圧警告システムがすべてのタイヤの空気圧をモニターします。
 
 

回答④

以下の場合、マルチファンクションディスプレイにタイヤ空気圧警告システムの再始動を促すメッセージが表示される場合があります。
  • タイヤ空気圧が変化した
  • ホイールやタイヤを交換したまたは新たに装着した
メッセージが表示されたときは、以下の手順に従ってタイヤ空気圧警告システムを再始動する必要があります。
※タイヤ空気圧警告システムを再起動する際は、事前にすべてのタイヤが推奨タイヤ空気圧に正しく設定されていることを確認してください。
  1. エンジンスイッチが「2」 の位置にあることを確認し、ステアリングの”ホームボタン”を押して「メンテナンス」を選択します。
  2. ステアリングの上矢印ボタンまたは下矢印ボタンを押して「タイヤ空気圧」を選択します。
  3. 「OK」を押します。メッセージ「タイヤ空気圧警告システムオン OK ボタンで再始動」が表示されます。
  4. 再度「OK」を押します。メッセージ「タイヤ空気圧 正常ですか?」 が表示されます。
  5. 「はい」を選択します。メッセージ「タイヤ空気圧警告システム再始動しました」が表示されます。
再起動が完了した後数分間走行すると、タイヤ空気圧警告システムがすべてのタイヤの空気圧をモニターします。
 
 

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます