• No : 6907
  • 公開日時 : 2018/12/04 09:50
  • 更新日時 : 2019/03/07 13:29
  • 印刷

車両のボタンには、それぞれどのような役割があるのでしょうか?

車両のボタンには、それぞれどのような役割があるのでしょうか?
カテゴリー : 

回答

回答

車載のボタン(SOSボタン、故障通報ボタン、meボタンまたはiボタン)を押すことで車載の通信モジュールから電話をかけることができます。
複数ある車載の通話ボタンには、それぞれ異なる機能が割り当てられています。
 
故障通報ボタン 故障により車両が走行不能になるなどの問題が発生した場合にこのボタン使用します。
車両の情報や位置情報などが自動送信されてツーリングサポートセンターに繋がります。
SOSボタン 万が一の事故の際にこのボタンを使用します。
ボタンを押すと車両の位置情報が自動送信されると共に緊急通報専用のコールセンターに繋がります。
またエアバッグやシートベルトテンショナーが作動した場合には自動でコールセンターに繋がります。事故やトラブルへの初動対応、さらには救助が必要とオペレーターが判断した場合には、お客様に代わりオペレーターが必要なサポートを行います。 
meボタンまたはiボタン このボタンを押すと自動音声案内が流れます。お問い合わせ内容に応じて番号を発話またはキーパッドを開いて入力すると、24時間コンシェルジュサービス、24時間ツーリングサポートやオーナーホットラインなどのコールセンターにつながります。
※24時間コンシェルジュサービスを利用するには24時間コンシェルジュサービスのご契約が必要になります。