• No : 6907
  • 公開日時 : 2018/12/04 09:50
  • 更新日時 : 2021/08/19 17:14
  • 印刷

車載の通話ボタンには、それぞれどのような役割があるのでしょうか?

車載の通話ボタンには、それぞれどのような役割があるのでしょうか?
カテゴリー : 

回答

回答

万が一の事故や故障などの問題が発生した場合、車載のボタン(SOSボタン、meボタンまたはiボタン、故障通報ボタン)を押すことで車載の通信モジュールから電話をかけることができます。
 
車両のボタンによって、それぞれ機能が異なります。 
※搭載されているボタンの種類は車両によって異なる場合があります。
 
 
  サービス名称 ボタン名(略称) 活用場面/概要
24時間緊急通報サービス SOSボタン
[活用場面]
消防・救急車が必要な万が一の事故が起きた場合
 
[概要]
ボタンを押すと車両の位置情報が自動送信されると共に緊急通報専用のコールセンターに繋がります。
またエアバッグやシートベルトテンショナーが作動した場合には自動でコールセンターに繋がります。事故やトラブルへの初動対応、さらには救助が必要とオペレーターが判断した場合には、お客様に代わりオペレーターが必要なサポートを行います。 
  • メルセデス・ベンツ24時間コンシェルジュサービス※2
  • 24時間故障通報サービス
  • 24時間ツーリングサポート
  • オーナーホットライン
  • メルセデスコール
meボタンまたはiボタン
[活用場面]
  • 故障により車両が走行不能になるなどの問題が発生した場合※1
  • メルセデス・ベンツ 24時間コンシェルジュサービスのサポートを受けたい場合※2
  • Mercedes me connectに関するご意見・お問合せ
  • メルセデス・ベンツ製品に関するご意見・お問合せ、キャンペーン
 
[概要]
このボタンを押すと自動音声案内が流れます。お問い合わせ内容に応じて番号を発話またはキーパッドを開いて入力すると、24時間コンシェルジュサービス、24時間ツーリングサポートやオーナーホットラインなどのコールセンターにつながります。
24時間故障通報サービス 故障通報ボタン
[活用場面]
故障により車両が走行不能になるなどの問題が発生した場合
 
[概要]
故障により車両が走行不能になるなどの問題が発生した場合にこのスパナマークのボタンを使用します。
車両の情報や位置情報などが自動送信されてツーリングサポートセンターに繋がります。
※1 故障通報ボタンが搭載されている車両では、故障通報ボタンからも電話をかけることができます。
※2 24時間コンシェルジュサービスのご契約・有効化が必要です。

※車両によって故障通報ボタンがない場合があります。その場合meボタンまたはiボタンを押して、自動音声案内に従ってツーリングサポートセンターに電話をお繋ぎください。
 
2021年8月追記:メルセデス・ベンツ24時間コンシェルジュサービス提供終了のお知らせ
専用オペレーターがお客様をサポートするコンシェルジュサービスの提供を2022年12月を目途に終了予定です。